a 株式会社 I’s Ls consulting firm | お知らせ、事件・事故

元労働基準監督官による
労務管理・安全衛生管理コンサルティング
株式会社
I’s Ls consulting firm

お知らせ

労働事件・労災事故ニュース

違法な長時間労働はありませんか?

36協定なく残業させたり、36協定で決めた上限を超えて残業をさせたりすることは違法です。

社員の過半数代表者の選任は適正ですか?

36協定を作成し、所轄の労働基準監督署に届出をしていた場合でも、その作成手続に違法があると無効なため、有効な36協定の届出がない期間中の残業は違法となります。

労働条件通知書は交付しましたか?

労働者を採用した時、使用者は、労働者に対して労働条件を書面で交付する必要があります。この書面は、労働条件通知書と言われており、その記載内容は、労働基準法及び労働基準法施行規則に細かく決められています。未交付、記載内容の不備等による法違反があると、まれに労使トラブルから大事に至ることがあることから、きっちり対応しておくことが重要です。

労災かくしは犯罪です

仕事中のケガや業務に伴う病気で社員が1日でも仕事を休む労働災害が発生した場合、その使用者は、労働基準監督署に「労働者死傷病報告」という報告をする必要があります。この報告をしないことを「労災かくし」といい、これに故意があると認められる場合、原則として書類送検されます。

刑罰を受けると、営業許可の取消し、公共事業の入札停止、社会的信用の低下に伴う取引停止、労働者の退職等多大な影響が生じることもあります。取り返しのつかないことになる前にご相談ください。